So-net無料ブログ作成
検索選択

らーめんブログ! [雑記帳]

ブログを始めて、5ヶ月が経とうとしているが、一番良かったと思うことは、ブログを通じて、いろんな事を、知り得たということが、私にとっては大きい。
単なる、情報知識だけでなく 、その人がどういう感性を持ち、どういう考え方を持たれているのかということを、想像して楽しむというのも、まんざらではない。

中にはそうやって、実際に会ってみたくなり、お会いした方もあるのだが、自分で想像していた人と、実際の人とが、大きく食い違って見える時があり、意表を突かれたようで、これもまた、別の楽しみの、一つであると、云えるかも知れない。

残念ながら、日本に在住されている方には、お会いする機会が少ないとは思うが、こちらで起業されている方や、長期滞在されている方には、もっともっとお会いして、自分の、人間としての幅を、広げていければいいなと考えている。

私が、リンクさせて頂いているブログの中に、一つだけフィリピン関連でないブログがある。 それは、いけ麺さんの、『麺好い(めんこい)ブログ』 、だ。
この方のブログとは、同じく私のブログにリンクさせて頂いている、junsbarさんのブログ、『あの日に帰れたら』 、の中で、知り合えたのだが、このブログは、私にとって、大変危険なブログと云える。

何が危険かというと、いけ麺さんは、始終ラーメンを食べ歩いていて、それを記事にしていらっしゃるのだが、その時の、描写といい、写真といい、店の造り、雰囲気、食器、味に至るまで、リアル感が、すごく伝わってきて、空腹の時になど見たらもういけない! ラーメン屋に、すぐに駆け込みたくなってしまうのだ!!(笑)

ところが、このブログを読む時は、いつも仕事前と決まっているし、たとえ、終わった後にしても、ラーメン屋が多く点在しているマニラには、1時間以上と距離があるので、まずは行けないし、たとえ、行けたとしても、こちらのラーメン屋さんは、化学調味料の使いすぎで、食べた後の、喉の渇きが半端ではないし、いかに麺好きの私でも、辟易としてしまいそうな店が多いのには、泣かされてしまう。

ということで、日本のラーメン屋の皆さん!
フィリピンに進出を、是非ご検討下さい!
いけ麺さん、その時は、取材の程、宜しくお願い致します!(爆)
勝手に記事にしてしまって、申し訳ありません!(汗)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
フィリピン系ホームページランキングサイト!!


nice!(4)  コメント(20)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

ブログで出会えた方達 Part1 『CyoroshiさんとOSCARさん』の巻 [雑記帳]

昨日の記事の中で、ブログ間で知り合い、その方のブログを読んでいる内に、どうしても、実際にお会いしたくなってしまった方が、いると述べた。
この、きっかけを作ってくださったのは、『フィリピンでビジネスをしよう』、のAkiraさんであるが、残念ながら、いつもタイミングが悪く、未だにお会い出来ていない。

Akiraさんについては、一度お会いしてから、感想を、記事にさせて頂きたいと思うのだが、今回は、丁度2ヶ月前に、始めてお会いした、『無謀にもフィリピン起業に挑む男の独り言』、のCyoroshiさんと、『フィリピンで生活そして起業』、のOSCARさんのお話を、させて頂くことにする。

Cyoroshiさんは、大企業の重役という立場を振り払われて、フィリピンで起業をしようと、単身この国に乗り込まれた方で、現在ご本人は、スモールビジネスだよ、とか何とか云われてはいるが、将来、大きく化けそうな、事業を手掛けようと、されていらっしゃる。

人間的にも、大変ユニークな方で、少々無鉄砲で、したい放題に見えて、その反面、繊細な心使いもされる方で、いつか、許可を貰って、『Cyoroじいがゆく』、というタイトルで、小説を書かせて頂こうかなと、考えている位の方なのだが(笑)、本当に、知り合えて良かったなと、心から云える人物である。

もう一人の、OSCARさんは、もう既に、起業に成功されており、自分のビジネスも、しっかりと軌道に乗っていて、これから本格的に、起業をされるCyoroshiさんを、影でしっかりと支えていらっしゃる方で、『鉄じいがゆく』、における私の存在のような方であると、認識しているのだが(笑)、明るく、朗らかな、いかにも関西人らしい、ユーモア溢れる人物で、この方にも会えて、本当に良かったと思っている。

Cyoroshiさんは、OSCARさんから、『KTV大魔男さん』、と異名を取るほど、KTVには、通じていらっしゃるが、実際にはそれほどでもなく、などと云ったら、大嘘つきになるので、云わないが(爆)、飲んで酔っている姿が、これほど絵になる人も、珍しいくらいの方であるとだけは、云っておくことにしよう。

このように、ブログを通じて、いろいろな方と知り合い、お会いするということが、助け助けられる間柄だけではなく、フィリピンの、狭い日本人社会の中で、自分の視野を広げるというだけでも、価値のあることではないかと、私は考えている。

お二人共、これからも、宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
フィリピン系ホームページランキングサイト!!


フィリピン人と依頼心 [雑記帳]

今日のテーマは、『フィリピン人と依頼心』だが、これを書こうとしたのには、深く考えてみたら、私も含めて、フィリピン関わる日本人にもにも、これに対する責任の一端が、あるように思われたからである。 
こう書くと。誤解を受けるかも知れないが、知らず知らずのうちに、相手をそういう風にしてしまった可能性があるのなら、検証をしてみたいと思ったのだ。

私のように、この国の人間と結婚している人には、特にそうであると思うのだが、仕送り問題という、日比間の、高いハードルが存在する場合がある。
仕送り問題とは、働いていたり、結婚している子供が、親や兄弟に、生活援助をする為に、自分で稼ぐか、または夫に頼って、実家に送金することを云う。
親や兄弟も、それを当たり前のように期待していて、それを疑おうとはしない。

フィリピン人同志で、結婚している人にも、当て嵌まる話なのだろうが、日本人と結婚した場合は、その期待度が、一気に高まってしまうのが、頭の痛い問題だ。
日本では、老後の蓄えは、自分で行う人が多いが、こちらでは、老後は子供に任せっきり、という家庭が多いように感じる。
一部の富裕層は別にして、一般平均家庭の、常識とも云えるのかも知れない。

それ位、日常化している仕送り問題であるが、これはある意味で、風土的な要素もあると、考えなくてはならないだろう。 フィリピンは、村落主義、バランガイ主義だと、以前述べたが、そのような、相互扶助を建前として、国が発展してきた経緯や、年中暖かい国で、冬がない分、緊張感に欠け、楽天的な風土だという事実から、、依頼心が、他国より大きくなるのは、当然なような気がするのである。

しかし、生活費や学費だけならまだ許せるが、電化製品、家や車の援助までなってくると、話が違ってくる。 日本などで暮らしていると、向こうの様子が見えないので、相手の請求に、ついつい応じてしまい、云われる金額だけ、送ってしまう場合だってあるかも知れない。 これが嵩じてしまうと、依頼心の塊のような人間を、製造してしまうという、結果になってしまう可能性がある。

自分自身の力で、立ち上がることをしなくなり、常に誰かの支えがないと、生きていけない状況にさせてしまいかねない、と云うことだが、こうなった原因は、誰にあるのかを気付かないと、これからも、頼られっぱなしのままになり、着実に相手を、廃人に追い込んでいくのは、間違いないかも知れない。
人を生かす援助ではなく、人を駄目にする援助を行っているようなものだ。

カラオケの女の子に対しても、同じことが云える。
可愛い女の子にせがまれて、携帯電話やお金を、無造作に与える人がいるが、その後、彼女達が裏切ったと云って、嘆くのはどうかしている。
その素地を検証すると、長いPPの歴史を、紐解かなければならないが、究極で云えば、客である我々日本人が、作った作品ではないかということである。

彼女達にしてみれば、云えばすぐに与えてくれるので、既に、飽和状態なのではないだろうか?。 マニュアルが、存在しているのではないかと疑いたくなるほど、彼女達のおねだりは、何処で聞く話も、均一化している。
人真似して、云えば呉れるのだから、云わないと損だと思うのは人情であろう。
彼女達からしてみれば、悪の概念などないのかも知れないのだ。

一方的で、何も分かってない癖に、と思われるかも知れないが、自分自身への反省の意味も込めて書いているので、ご容赦願いたい。 自分で作品を作っておいて、それを批判するようなことだけは、避けたいと考えたのだ。
与えすぎて、依頼心を増幅させるのも、依頼心を捨てさせ、自立心を育てていけるのも、全て、自分次第であるということを、一番云いたかったのである。

最近、家や会社で、ねだられっ放しの私が、勢いで書いてしまった記事です(笑)
私の格言:『ケチと云われるのが恐くて、この国では生きていけない!』(爆)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


日本に帰りたい・・・ [雑記帳]

いやあ、何人釣られたかなあ・・・(笑)

いえいえ、書いただけのことです。
今年の暮れくらいは日本に帰り、正月を老いた両親と迎えるのも、悪くないなあと思ったのです。
その前に、問題があります。
先立つ金(もの)と、寒さですね。(涙)

完全に、熱帯環境に順応してしまっている私です。
いつも日本に帰る時は、春か夏のみです。
しかし、今回は蟹が食べたいのですよ!!
松葉蟹・・・・(大涎)

何だか、無性に食べたくなりました。
それに、日本酒も!!!(ゴックン)
冷でも熱燗でもいいですなあ・・・
風邪を引いて熱があるので、昨日も今日も酒を飲んでいません。

その分酒が恋しくなり、この記事を書いているようです。(苦笑)
日本の冬は、美味しい食べ物が多すぎますね。
あっ、河豚もいいですわ!(どひゃあ)
寒いのは苦手ですが、美味しい日本を満喫したい・・・

久々に書いた日記がこれかいと怒らないで下さい!
熱にうなされて、血迷ったと思われて結構です。
おお、温泉もあるでないかい。。。(ええ加減にしなはれ)
いかん、この辺でやめとこ・・・


続きまへん!(爆)

ことわざ格言のフィリピン風解釈! [雑記帳]

①悪事千里を走る
他所の店に行ったら直ぐにバレる。
ピーナのテックス網は恐ろしい。

②危ない橋を渡る
ピーナと結婚したら浮気はやめようね。
怖いよお・・・

③雨降って地固まる
フィリピン夫婦喧嘩をすると、バランガイに留置されることがある。
大概は、翌日訴えた筈の妻が迎えに来るが・・・

④石の上にも三年
これくらいなら、まだマシな方だ。
私の知り合いには、数十年騙され続けてる人がいる。

⑤急がば回れ
こういう慎重な人は、ここの読者には居ないんだろうなあ・・・
P型脳炎細胞恐るべし!

⑥一難去ってまた一難
携帯を失くされた後に親の病気・・・
仕送り地獄じゃー!

⑦一寸先は闇
移住も慎重にやらないと・・・
年を取って捨てられるのは辛い・・・

⑧犬の遠吠え
『金返せ-』
言うだけ無駄ですな!

⑨井の中の蛙大海を知らず
住んでる地域以外は、何も知らない人が多い。
ましてや、他国のことなど・・・

⑩信じる者は救われる
P .『私、悪いのことしました・・・』
神.『お前は許された!』

⑪魚心あれば水心
この国ではこれが常識。
無い者は勝ち目が無い。

⑫馬の耳に念仏
そりゃあ、馬尼羅君には何を言っても無駄。
ロリ顔に巨乳にしか興味ないもの・・・(笑)

⑬売り言葉に買い言葉
嫁にこれを言うと千倍になって返ってくる。
沈黙に勝る攻撃なし!

⑭噂をすれば影が射す
チスミスも大概にして欲しい。
電話代、高いんだから・・・

⑮飼い犬に手を噛まれる
大虎風に言うと、『飼猫に手を噛まれる』かな?
ち◯ち◯を齧られなかっただけましか?


続く・・・(爆)

ことわざ格言のフィリピン風解釈2! [雑記帳]

①金の切れ目が縁の切れ目
言わずもがな・・・
説明不要・・・

②金は天下の回りもの
不思議だなあ。
おいらには回って来ないや・・・(涙)

③果報は寝て待て
そう言えば、寝ている間に全財産持ち逃げされた知り合いがいたな~
まあ、財産のない私には関係ないが・・・(血涙)

④堪忍袋の緒が切れる
こういう人は、決してフィリピンに移住してきてはいけない。
辛抱第一!

⑤聞いて極楽見て地獄
人の自慢話を聞いて比国に来たもののこの始末・・・
ああ無情・・・

⑥雉も鳴かずば撃たれまい
お金があるなどと、おくびにも出してはいけない。
自慢話は、禁句中の禁句!

⑦疑心暗鬼
これに陥ると大変。
寛容が第一!

⑧昨日は人の身今日は我が身
まにら新聞を見ていると、つくづくそう思う。
死ぬまで安心は出来ません。

⑨杞憂
この国では死語です。
常に憂いておけば間違いなし!

⑩器用貧乏
フィリピン人は手先が器用だと良く聞く。
が、正確性は望めない気が・・・

⑪臭いものに蓋をする
この国の常套手段。
て、日本も一緒か!

⑫腐っても鯛
貧乏なおいらなのに・・・
日本人というだけで高く取られる・・・(滝涙)

⑬口も八丁手も八丁
遅刻の言い訳は、トラフィックの一点張り・・・
もう少しは、この言葉のように増しな言い訳を考えて欲しい!

⑭蜘蛛の子を散らす
海外出稼ぎから帰ってきた当初は良かった。
が、仕事を失った途端・・・

⑮苦しいときの神頼み
神様も怒るでえ~
頼む人多過ぎ・・・

⑯逆鱗に触れる
うちの嫁はん・・・
刃物が出てきまんねん・・・(怖っ)

⑰後悔先に立たず
最近では、ち◯ち◯が立たない。
愛想を尽かされるのも、時間の問題か?(激涙)

⑱呉越同舟
同伴で入ったレストランに、他の店での指名娘がやはり同伴で来ていた。
飯がまずいや!(爆)

ことわざ格言のフィリピン風解釈3! [雑記帳]

①故郷へ錦を飾る
痛いおやぢの独り言・・・
『何でその費用を俺が負担させられるの?』

②虎穴に入らずんば虎子を得ず
入れたばっかりに出来てしまった。
認知に養育代が・・・

③五十歩百歩
どの言い訳も耳にタコ。
も~うんざりじゃー!

④三十六計逃げるに如かず
この国に赴任してくる駐在員が良く使う手。
孕ませておいてそれはないだろ!

⑤地獄で仏に会う
PPに嵌って陥った無間地獄・・・
仏に出会ってさえいれば今頃は・・・(滝涙)

⑥死人に口なし
まじで、闇に葬られる邦人がいる。
この国は、これが恐い・・・

⑦知らぬが仏
他人の子を認知させられる男・・・
DNA鑑定という言葉を知らない女・・・

⑧白羽の矢が立つ
鴨にされる人の代表。
もう逃げられまへん!

⑨据膳食わぬは男の恥
恥を書いたほうが良かった。
こういう格言は、この国ではタブーですな!(笑)

⑩雀百まで踊り忘れず
30過ぎのアルPに踊られてもなあ・・・
お腹を見ただけでがっかり・・・

⑪青天の霹靂
『パパ子供出来たよ!』
『あなたの子供な!』

⑫船頭多くして船山に登る
この国で道を聞いた場合。
きちんと辿り着いた試しがない。

⑬大事の前の小事
ちゃんと付けましょうね。
コ◯ドーム!

⑭宝の持ち腐れ
腐れるほど持ってみたい。
まあ、無理か・・・(涙)

⑮他山の石
この広場の皆さんは全員この資格あり。
『さあ、おれを他山の石にしろ!』

⑯多勢に無勢
つい酔ったばっかりに・・・
ドリンク攻撃じゃー

⑰立つ鳥跡を濁さず
綺麗サッパリいなくなる。
おいらへの借金はどうなるの?

⑱蓼食う虫も好き好き
プエルトガレラで良く見られる光景。
欧米人の連れているピーナときたら・・・

⑲玉に瑕
可愛いけど性格が悪い。
離婚に至る確率高し・・・

⑳短気は損気
モールでよく見られる光景。
最近では、日本人より韓国人の方が良く怒鳴ってますなあ・・(爆)

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。