So-net無料ブログ作成
検索選択

英造がゆく ~呂宋漂流記~ その四 [フィクション]

英造は、トニーの真意がまだ分からなかった。
但し、激しく同情はした。
その証拠に、英造は泣き出した位である。
『そうか、そうか、可哀相にのう・・・』
トニーの肩を叩きながら、妹の方を振り返って、涙を、腕で拭い去った。

『わしに、何か出来ることはないか?』
思わず、英造はそう云ったが、それを聞いたトニーの目が、一瞬光ったのには気付かなかった。
『英造さん、独身ディバ』
『おう、そうじゃが、その話はさっきした通りじゃ。』
英造は、マニラに着いて、女に騙された話をしていたので、トニーも先刻承知のことである。

『英造さん、私の、この妹と結婚しない?』
『???・・・・・』
『妹のセシルは、まだ23歳だけ・・・恋人子供もいないよ・・』
『い、いきなりかよ・・・』
英造は、はっきり言って戸惑った。

セシルも、自分のことを言われて分かっているのであろうか、うつむいたまま恥らっている。
英造は、トニーがどうして自分を家に、連れて帰ったかが分かった。
妹に手術をさせる為に、日本人と結婚さそうと考えたのである。
(したたかなやっちゃな・・・)
英造は思ったが、一方でセシルには、充分惹かれている自分である。

ついついOKだと云いそうになったが、そこは用心することにした。
何か裏でもないかと、疑い始めたのである。
いかに海の男で、気性がさっぱりしていても、結婚ともなるとさすがに別であろう。
慎重にならざるを得ないが、トニーの話を聞くうちに、そこに裏は無いように感じてきた。
セシルとも2、3会話してみたが、日本語が少しは分かるらしく、性格は良さそうである。

ともあれ、トニーの語調は、段々と熱を帯びてきた。
妹を思う気持ちが、きっと溢れているのだろう。
熱意を持って、英造に勧めるのである。
英造は、少しづつ、トニーに追い詰められていくような気がしてきた。
食事が終わり、リビングブランデー飲みながらも、その話が続いていた。

英造は、そこでセシルの横に座らされた。
もはや、酒の酔いで、意識が朦朧としてきた英造である。
横に座っているセシルを眺めながら、最早、PP状態に陥れられたと言っていい。
セシルの可愛さも手伝ってか、最後には、積極的に結婚の承諾をしてしまった英造である。
トニーの喜びと来たら、もう他に例えようもないくらいだ。

英造に、握手とキスの嵐を与えていた。
セシルも、英造には好意を持っているのか、兄が勝手に決めたようなことに、反抗することも無く、ただおとなしく、身を任せているような感じである。
生れ付きの病を持つ身にとっては、兄の力がないと生きていけないだけに、兄であるトニーの云うことには、一も二も無く、従おうと決めていたのかも知れない。

ともあれ、英造は承諾した。
その後の帰国までの5日間は、セシルとデートなどもして過ごすことになったが、一つ問題が発生していたのである。
問題とは、トニーの奥さんにあった。
彼女が、猛反対を始めたのである。


続く・・・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

皆さんも入ってね!!!
SNSフィリピンコミュニティ






nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 14

OSCAR

はやっ!!。。。毎週土曜日じゃなかったのですかい??(笑...先々週の分ですね!!

なかなか速いテンポで進んでいますね!!。。。英造さんの酔っ払ってデレ~ッとしてきた顔を想像しています...ガハハ

奥さんの猛反対を英造さんとセシルチョコレートがどうかわして行くのでしょうか??...まだVISA無いから駆け落ちもできないしなぁ。。。


by OSCAR (2009-03-02 10:58) 

sakura

『わしに、何か出来ることはないか?』

云っちゃいましたね、
by sakura (2009-03-02 11:07) 

moimoi

OSCARさん

そうです!
先週の埋め合わせです!(笑)
英造さん、まだ見たことは無いのですが、想像して書いていますが、あっていますでしょうか?
奥さんの反対は、いずれ嵐を呼びそうですよ!
by moimoi (2009-03-02 11:54) 

moimoi

sakuraさん

体調は戻りましたでしょうか?
得意の一言コメント有難う御座います!(笑)
このセリフを云ってしまっては、もう後には引けませんね!
P型脳炎患者の、典型的な特徴です!(爆)


by moimoi (2009-03-02 11:56) 

英造

>一方でセシルには、充分惹かれている自分である

いや… それだけじゃ収まりません。
もうこの時点で下心がパンツから はみ出してますな!
リアル英造の場合だと… がははははは
by 英造 (2009-03-02 18:06) 

mak

妹の手術以外にも何か魂胆があるのでしょうか?

深まる謎・・・
by mak (2009-03-02 19:46) 

はっつ

こんにちは

男は何歳になっても、何回結婚しても絶えず相手は20代。

これではお男を止められません。

でも、真実は人に言えない苦労の連続。

英造君にはそんな苦労をさせたくないのですが・・・
by はっつ (2009-03-02 20:57) 

いけ麺

まんまとはまっちゃった感じでしょうか!?
小説とわかっていても、心配です(^_^;)
by いけ麺 (2009-03-03 01:06) 

imus0216

『わしに、何か出来ることはないか?』・・・・

梅さんたら・・・・・

だめよ・・・・・

奥さんが反対な訳は・・・・

これは解らんな?

、モシカシテ比国人の幼馴染の彼氏がいたりして・・・・・?

英造のカワワナ将来がみえてきます。

by imus0216 (2009-03-03 01:44) 

moimoi

英造さん

なるほど、もっと真実を書かねばなりませんな!(笑)
リアル英造さんは、いつこちらに見えられるにでしょうか?
早く、取材させてくださいね!(爆)
by moimoi (2009-03-03 06:47) 

moimoi

makさん

さあ?
どうなんでしょうねえ、作者の意図は・・・???(笑)
気まぐれで書いているから、自分にも把握出来ていないのでは?(爆)
by moimoi (2009-03-03 06:49) 

moimoi

はっつさん

自分より若い子を選びたがるのは、男の性(さが)ですねえ・・・
いえいえ、英造にはもっともっと苦労が待ち構えています。
続きが楽しみですよ~!!
by moimoi (2009-03-03 06:52) 

moimoi

いけ麺さん

心配して頂き有難うございます!
いえいえ、英さんなら大丈夫ですよ!
生命力は、人一倍ありそうですから・・・(笑)
どんな物語になるのか、作者も知らないのですから、楽しみですねえ!(爆)
by moimoi (2009-03-03 06:56) 

moimoi

大橋さん

皆さんは、深く考えすぎです!(笑)
作者は何度も言いますが、適当に書いているだけですから・・・
まだ、どうして嫌いなのか、何が起こるのか何も考えていません!(爆)
by moimoi (2009-03-03 06:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。