So-net無料ブログ作成
検索選択

勝ち組と負け組 [雑記帳]

最近思うのだが、経済紙や、週刊誌の経済欄とかを見ていると、成功した経営者として、色々な企業のトップが特集され、写真や記事が出ているのを良く見るが、あれって意味があるのだろうか?

今までこんな形で経営していたが、こういう風に改善したら、こんなに利益が増えたとか、これからはこんな業績が望める、というあれである。

世の中に確実というものは無く、その場その場の状況で、絵を描いていける人物こそ、荒波を乗り切れる立派な経営者であるとか、いやいや、自分の方針をドンと構えたら、槍が降ろうが盾が降ろうが、動ずることなく、じっくりと経営戦略を練れる人こそ、トップに座る理想の人物だとか、論じられているのを見ると、何だか笑止千万のように思える。

その雑誌に取り上げられてから、わずか半年後に姿を消した会社もあったし、4,5年後には半分位の確率で、その人達の会社で、業積不振や汚職の摘発などを理由に、トップ交代を余儀なくされているのではないだろうか。

いずれにしても、栄枯盛衰、盛者必滅、奢れる平家も久しからずで、短期的な動向で、勝ち組や負け組を決めてしまうというのは、馬鹿げているように思えてならない。

人の一生だってそうだ。
死ぬまでの間、山あり谷ありで、登ったり降りたりと、いろいろで、いい時もあれば、悪い時もあるのが普通の人生だ。

若い頃から苦労や辛抱を重ね、お金を貯め事業を起こして、やっと成功してこれからだ、という時に強盗に入られて、一家皆殺しにされた人もいる。

違う話では、それまで苦労に苦労を重ねても、全然報われなくて、なにをやっても駄目だった人が、定年後に宝くじが当たり、その金で起業し大成功を収め、優雅な晩年を過ごした、という人もいた。

いったい、どの時をもって成功とか失敗とか云うのか、どの時をもって勝ち組とか負け組とか云われなければならないのか、私には全く不可解で、納得しかねる。

『明日には紅顔ありて、夕べには白骨になれる身』で、先のことが、読めぬ毎日を送っているのだから、目先の小さな成功や失敗に、心を煩わす必要など全く無い、といっていい。

型にはまるのがいやで、何をやっても人々に受け入れられず、自然に生きているだけで、人に迷惑を掛けてしまう、鉄じいみたいな人も居る。

ただそれだけで、彼を悪とは云えないし、彼を駄目な男とも云えない。
人は人、それぞれであっていいと思う。

只、死ぬ間際に振り返って、『あーいい人生だった』、と自分で思えれば、私にとっては、それで満足だ。

鉄じいのような生き方は、私には出来ないけど、それは彼の生き方が、彼のオリジナルで、私の生き方も私だけのオリジナルだからだ。

自由奔放に生きられる人って、そうそう、居るものではない。
その点私は、彼のことをちょっぴり羨ましくも思うのだった。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

yutaro

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
<自由奔放に生きられる人
憧れますね。
今の自分は限られた中ではありますが、
その中(女房の掌の上)で、自由を楽しんでいます(爆。


by yutaro (2007-06-22 01:09) 

Leo

TITLE: 貴殿に・・・
SECRET: 0
PASS: 73cb23db3ce516a5b50467e7196d487c
一票!
負け組代表のLeoです。(笑
人の目からどの様に映ろうが自分が幸せを感じて居れば“勝ち”
人生の師範ではないだろうか?

by Leo (2007-06-22 01:29) 

Akira

TITLE:
SECRET: 0
PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
私も日経ビジネスを毎週読んでいますが、仰るような記事をよく目にします。私はホリエモンが逮捕されるまであれだけチヤホヤしていたマスコミが逮捕された途端に手のひらを返す姿を見てから信じなくなりました。

ただ失敗談から学ぶ事や、成功事例から参考になる事は多々あります。私も会社を経営する身ですからそれらの情報が多ければ多いほど助かります。もちろん判断するのは私ですし、責任は全て私にあります。

by Akira (2007-06-22 03:03) 

kenny

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
人の価値観、幸福観は千差万別ですよね。

どこで何をしていようが(わがまま勝手に自己中心的という意味ではなく)自分にとって良いと思える生き方が出来てればいいな〜。
自分に共通点のある方には親近感もわきますしこうしてブログを読んでいても楽しいです。

逆に自分と全く違った生き方をしていて自分にもちあわせてない物(人格や生き様)を持ってる人にも惹かれるんですよね。

あの鉄じいさんの様に(笑)

でもご本人にそんな事いっても「ワシに惹かれるなんてわけわからへん」といわれそうで…

人は皆1人づつ違うのだから自分の定規の当て方を工夫してお互い惹きあうことが出来ると良いだけど。

まぁ、どこに居ても裸一貫「肩書き、国籍に拘らず」で生きて行けたら良いですね!




by kenny (2007-06-22 06:45) 

moimoi

TITLE: yutaroさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
奥様の手のひらは、広いのでしょうか?
せまいのでしょうか?(笑)

まあ私は、自由奔放に生きられるとは思いませんが、せめて生きて行く上の価値観を、自分で見出していきたいと思っています。



by moimoi (2007-06-22 06:58) 

moimoi

TITLE: Leoさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
その通りです。

自分の価値は自分が知るのみです。
他の人の、人生ではないですからね!


by moimoi (2007-06-22 07:14) 

moimoi

TITLE: Akiraさん
SECRET: 0
PASS: d5e4300cdb4de7ea71268e03cc0f5d48
そうですね!
他人の振り見てわが振り直せ、ではないですけど、いい物を吸収していって、自分や会社に役立てていく姿勢は、賛成できます。

経営者であれば、尚更ですね。

只、何の基準もなしに、他人を批判したり、決め付けて行くという、社会の姿勢は賛成しかねるのです。

こんな人は勝ち組、こんな人は負け組とか、テレビや週刊誌で決め付けられるより、自分は自分なりの人生を持っているから、勝敗は問わないという信念で、私は生きていきたいと思っています。

by moimoi (2007-06-22 07:27) 

moimoi

TITLE: kennyさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
本当は仰るとおり、心が裸一貫で生きていけたらいいな、とは私も思います。

しかし、世間には沢山のしがらみがあって、それに阻まれていて、どうにもならないことがあるのも事実でしょう。
只、人に左右されず、自分の信念で生きて行くことは、可能だと思います。
鉄じいのように、生き方を曲げずに、真っ直ぐ生きて行くのも多少疲れるとは思いますが、反対に彼に対して、憧れのようなものもあるのも
事実なのです。

わが道を、大手を振って、闊歩していく鉄じい!!

古風な男ですけど、それだけ味がある人間の証拠です。



by moimoi (2007-06-22 07:41) 

junsbar

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
今晩は
勝ち組、負け組みの評価は何だろうと思う時があります。
世間でしょうか
また、マスコミが書いた評価でしょうか?
世間常識でも良いですが
でも、最低のルールはありますが
私は、評価したい。
鉄になれますか
ホリエモンになれますか?
人生負けたとき言い訳はしたくないけれど
評価は誰にでも出来る。
騙される人も悪いと私は何時も思う。
美味しい稼ぎは無いのだと
しかし、ハンディキャップを
逆手に取ることだけはしてはならない。
私も、好い人生だったと言えるように
努力をしたい。

by junsbar (2007-06-22 12:29) 

moimoi

TITLE: junsbarさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
おはよう御座います。

人間、死ぬまでの成功、失敗は、問わないことにしようと思います。
一々、それに煩わされて、気にしながら生きていくのは窮屈です。

人間の評価ほど、いい加減なものはありません。
死後直後には、ぼろくそに云われていたのが、100年後に、再評価されて英雄扱いされている歴史上の人物もいます。

死んだら周りの人間に、とっとと忘れられる存在になる、それがわたしの理想です。

何もしないで、死ぬということでもありません。
評価を恐れずに行動し、自分の人生を全う出来れば、それで満足です。





by moimoi (2007-06-22 22:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。